車磨き、ガラスコーティングのポリッシュファクトリーのブログです、楽しいカーライフ最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーカブ70その8

スーパーカブ70その8

その後その先輩どうなったかというと

乗車前のレクチャーでは
ギアを入れてゆっくりとアクセルを開ける(ひねるとも言う)
いつでも停まれるようにブレーキ操作は頭にたたき込んで下さいと。

先輩は「わかった わかった、おまえくどいよな」・・・

その一部始終は こーだ

跨がり、いきなりアクセル全開にして下をうつむきながら(ギアを探し)
この段階で私は大声で「先輩アクセルは戻して下さい」と
だが先輩は興奮して聞こえない

そして ギアを1速に・・・・


先輩はその場で振り落とされて尻餅で両手をつき何事もなく着地。
カブ号は直進で林に突っ込み、直立不動で泣いていたのである。
カブ号がとてもかわいそうに見えた。

カブ君には奇跡的に損傷はなく、
(林に突っ込んだために失速をして仁王立ちでストップ)
それを引き戻して、そこから切り替えて普通モードにし、先輩をなだめる。
なだめるも復活の兆しはなく、そのまま「おら 帰る」ジャイアン状態だ・・

凄い強そうに見えていた立派な先輩が小さく見えた。
もちろんだがその後先輩は乗る事はなかった。
もちろんこの話はその日以来封印されている。
この話には後日談があるのでお楽しみに、先輩Aとしておきます。

ちなみにこの日はそそくさとカブ号をお返しし帰宅して爆睡
懐中電灯でカブ号をよく見てキレイにした
(ちかれたー)

続く
スポンサーサイト

スーパーカブ70その7


真夜中というか明け方の餓鬼のミーティング
興味はあるがそんなこたぁしたことないというのがほとんど
の連中 というか上級生だってそんなこたぁしたことも無く
考えたこともない奴ばかり。(先輩に失礼 ごめんさい)

そこで 根性のある先輩を誘ってみた。

「いいねー」「乗せろよ」
「どうやんだょ」「早く教えろよ」

きたきた 乗ってきたじゃないですか〜
男子たるモノ、乗り物はやはりそそるモノ。

黒電話で連絡をし、明朝、定刻に例の場所で静かに待ち合わせ。
そこに颯爽と登場する下級生の私。

それを見た先輩 「早く乗せろよ」
そりゃダメだわ すぐには乗れまい。
何の知識もないので一通りレクチャーをしてさしあげて準備を。

先輩第一号

颯爽とまたがり、しっ しっぱーつ。

そこで早くも事件が・・・・

こりゃ まずい・・・


続く。

ちなみにその先輩現在は警視庁勤務 ブァハハ

ありゃりゃ〜 電源が・・・・

Mac電源アダプター

ご覧の通り、ACをDCに変換するアダプター。
当社で使用してるMacBook Pro 15.4Retinaのもの。
購入後約1年と何十日か。

ある日のこといつも目に入る緑色のLEDが目に入っ
てこないのだ。人間というモノは習慣的に慣習的に
ものを見てたり聞いていたりする。

たとえば 車。エンジン始動時の儀式の時に、メータ
ーディスプレィが点灯そして動き、ETCカードが云々
と叫び、今日は何月何日、何の日と丁寧に教えてくれ
る車もあるほど。

いわゆる儀式なのでありますが。
Macも同様 起動して その起動時間も長かったり、
短かったりはたまた、ディスプレィが少し遅れたり、
色々と感じるのである。

その際にそれを敏感に感じるのではなく、当たり前に
普通に感じるときは体調が好調時、あまり感じない時
は不調に行く前、感じないときは完全に不調・・(笑) 

割と調子が良いときにLDEが点灯していないことに気
づき、波乱の予感が・・
よ〜く見ると昨日まではなかった首断の状態を目にする。
こうなるともはや一巻の終わり。

Mac電源アダプター1


延長サポートに今回は入っており、連絡先を探し、
メールでお願いする
(この際にメールサポートか電話が良いかをチョイス、
今回は電話を)
すると 1分ほどで電話が入り「どうされました〜」っと

こりゃ天の声だ!! これで助かったと。
色々と話をしていくと、すぐに手配をするがかかる場合は
納品まで1週間はかかるとの事。まあ仕方ないのでお願いす
るも、本日の分のバッテリーなど持つはずもなく・・・

そこでビックカメラに在庫確認3個ありますとの事。
すぐに手配をし購入し事なきを得る。

皆様ソロソロお待ちの最後のオチ。

ご想像通りMacサポートの方の発送は当日
そして到着は翌朝10時には手元に・・・

昨日の時間、池袋まで行った時間・・・・
その分下地処理が出来なかった分を
その日の遅くまで入魂したのは言うまでも無いのだが〜

マック関連の首断パーツ、作り方を少し改善して欲しい
のは私だけではないと思うが、対応の早さには驚き。

見習わなきゃ。

以上 マック関連のお話しでした。

極上体験

アコードハイブリッド
アコードハイブリッド

試乗してしまいました、その禁断の車に乗ってしまいました。(笑) 
プリウスと同じか〜 なんて思って乗り込むと
そんな気持ちでで乗りこむとそこには異次元の世界が・・

アクセルを踏んだ瞬間の興奮、「違う」なんだこの感覚は?!
スッと動く感覚、力強さを感じるこの雰囲気、車体の軽い雰囲気
HONDAらしい車両の軽い足の動き。じっとりとしたベタベタの感じでは無い

軽いスポーツ感覚の動きは素晴らしい。
雑音も制御されて静だ、しかも信号待ちでの静音性も良し。

文にしてはつまらなくなるばかりなので是非試乗をされて欲しい。

市街地と、出来れば高速道路が出来ればこの上ないかと。

デザインの好みとかではなく車の制御革新を味わっていただきたい。
今までのハイブリッドではなく、別なハイブリッドの時代の幕開け。

HONDAは技術力を謳っておられるが、これは乗らずには伝わりにくい
是非試乗をされてください。

唸る極上体験を出来ます。

Home

最近の記事

カテゴリー

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

プロフィール

polishfactory

Author:polishfactory
ポリッシュファクトリー及川です、よろしくどうぞ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。