車磨き、ガラスコーティングのポリッシュファクトリーのブログです、楽しいカーライフ最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年も粛々と暮れていきます

早いもので2013年も終わろうとしております、この暮れのなんとなーく忙しい時間皆様如何お過ごしでしょうか。未だ仕事の方もおられますでしょうし、すっかりお休みモードでネットなども一切見られない環境におられる方もおありでしょう。

人それぞれお住まいの環境やお仕事の環境、ご家族等々十人十色ですのでどれが正解ということはないでしょう。
ですが晦日大晦日はなんとなく今年一年を振り返り来年に向けて色々と考えるのではないかと思います。

自力本願、他力本願、運任せ、神頼み、など色々な考え方や方法で自分の人生を切り開かれると思います。
この7年間は200円台の牛丼をはじめデフレで流された7年、株式も下がる一方、リーマンでますますの下げを体感し、大地震で衝撃を受けてはや丸3年がそろそろ迎えようとしております。

何となく景気が良くなってきたのではないかと騒ぎだし、テレビをつけると「金」のキーワードが沢山出てきて、一杯1万円のラーメンとかの代表される極端な単価の商材が出てきだして、徐々に浮かれ気分に慣れていきますね〜

自動車も色々なバリエーションとあの手この手で宣伝を重ねて、しかも消費税前に購入大作戦とメディアはわめきますので嫌でも購入をしなくちゃ損損って気持ちになりますね〜 ホントメディアの煽り方は尋常じゃないですね。多くの場合は新消費税導入後もパーツや補助と称してあの手この手でディーラーさんは販売しまくるでしょうね。

アベノミクスは体感できた方もそうで無い方もおられるでしょう、首相自身が来年も引きつづきアベノミクスが続く大納会で仰っておりましたので、来年も引きつづき続くでしょう(笑)更なる変化で景気の良さが浸透してくるのはいつなのかわからずともあの笑顔で仰られると気持ちは悪くないですね。

景気が良いとなれば、耐久消費財の雄、自動車購入ですか。
耐久性が大幅に上がり平均11年くらいは維持できるようになりました。しかしながらエンジンオイルなどの油脂類、水関係、タイヤ、そして外装外観の維持。外観維持に欠かせないのがワックスなどの保護剤。

保護剤と謳っていても保護には縁遠いものもありますし、長期保護のコーティングと謳っていても長期間守れるどころか逆にシミがついてしまったりと侮れないコーティングもあります。巷では塗料のクリアーが最高のコーティングと言う事を書いているサイトも散見出来ますが果たしてどうなのでしょう。

ご高名な自動車関連の物書きの方がかつて出された本では「何もしないのが一番良い、傷が気になるなら板金屋さんで磨いてもらえ」なんて様な事をお書きになっていたかと思います(記憶違いでなければ)わたくしの感覚ではその方がその頃の体験したケミカルの効果が良く発揮できなかったか性能が悪いかだったのかと。現在では圧倒的にコーティングをする事で保護出来るのです。

プロが施すコーティングは下地処理から含め上にのせるコーティング剤も市販品それとは違う保護性能と耐久性を発揮しますので雨シミや傷等の耐スリ性能は1枚も2枚も上手です。多くはないのですがきちんとした下地技術とコーティング施すことによりは雨シミにほぼならないのです。

そのコーティングを施工された幸せな愛車達は現在の自動車の耐久性と同じように長く維持できるようになりますので安心です。2014年も更なるブラッシュアップをし安心誠実のコーティングをご提供出来ますように益々自己研鑽して参ります。オリジナルコーティングで愛機のボディを守ります。新車は新車のうちにがっちし守られてくださいね。

残す2013年あと幾日、どうぞ安全運転で譲り合いの精神でにこやかにどうぞ。

店主敬白
スポンサーサイト

スーパーカブ70その15

そのGT750を持っていたヲジサンが買い換えたバイク

Z1 川崎のフラッグシップ DOHC 903cc 4本出しマフラー
茶色にオレンジのカラーで、ホンダの4気筒に遅れること数年でいよいよ
反撃ののろしを上げたのだった。

GTとかCBとの大きな違い・・・
エンジン音だ! ひゅるるるる〜 と独特の音がしマフラーの跳ね上がり方がかっこよいのだ。

CBは優等生チックで川崎はKAWASAKIなのだ。
なんと言ったら良いだろう、猛々しいというかエレガンスサの中に猛々しさが共存
そして人が跨ぐことにより格好が良くなるのであった。

そのタンクの下側のプレスの縁が見えず最初の頃のタンクは何とかタンクと言って
下側のラインがウツクシイのであった。
火の玉タンクと言いプレスト言い格好が良いのだ。

そしてそのオーナーはヲジサンなのだが痩せていてマンガというかコミックにあった
750ライダーの光君ような体型で、足が細く膝下が長いので跨ぐと実にかっこよい。
細面でとても200キロオーバーのバイクを自在に操れそうに見えないのに
アクセルターンをしたりブレーキターンをして見せてくれる(GT750の時)

そんなヲジサンを見て本当にかっこよいと思った。

そして慣らしが終わった頃に乗せてもらえるという約束を(リアシート)もらい
毎日ウキウキで過ごすだった。

続く

Home

最近の記事

カテゴリー

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

プロフィール

polishfactory

Author:polishfactory
ポリッシュファクトリー及川です、よろしくどうぞ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。