車磨き、ガラスコーティングのポリッシュファクトリーのブログです、楽しいカーライフ最高です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

をおぃ ぅおい 何だよこの仕上げ〜




当社でコーティング施工をしてくださったお客様が保険修理でディーラーさんにご入庫。
塗装が仕上がったとの事でコーティングの再施工にご入庫でご足労いただきました〜

こんな仕上げ有りですかい。

ったく 最近の板金塗装には良い仕上げに当たる事が非常に少なく、ディーラーの管理担当者の質も営業マンとかの関係者に質には恐れ入る。とにかく最低だ・・・ このようないいかげんな仕上がりが2000年代に入りどんどん増えてきている感じがするのは気のせいではないと思う。


実際にお付き合いのあるVWのディーラーでもギリギリの仕上がりなのだった、でも「それ以上の仕上がりは無理」と言われたらもうどうする事も出来ないいわゆるお手上げなのである。お金は取るがご希望に値する仕上がりは無理とのたまう。そんな異常な神経質でも無し、普通の事を望んでいるのだが、もう明らかに自分たちの仕上がりLevelとか自分たちにだけ通用する決まりを作って納得しているのだった。

ついでだが新車の納車でも同様、このくらいの傷・・・この程度の不具合・・・が多いのも事実。要するに簡単に儲けさしてくれよ。なのだ。苦労そして心のお付き合いをさせていただきお互いに気持ちよいお付き合いをすることが出来なくなったところが多いのだ。今どき家電製品だって傷などあろうものなら大騒ぎなのにウン百万もするものがないがしろの世界になってきているのだった(特に外車)

今回のケースは保険での板金塗装と部分再コーティング。
塗装は普通きちんと仕上がってきてくることが通常なのだが、今回のはひどい。下手じゃないのだが(誤解なきようにお伝えしておくが塗装屋さんとはお付き合いが深くさせていただいているところが昔から有りきちんとした仕上がりも見ているし津にもならないとそうまで見ている)Finish付近の作業がはしょられているのだった。

どういうことかというと、そこそこの腕があるのだが時間の制約があったのか、社長の制約で早く上げて効率を上げての作業命令が出ているのか、ディーラーさんからのお仕事の効率が余程悪いのか・・・残念なFinishなのであります。下地を拝見するに上手なのである。なのに仕上がりが・・・・一番悲しいパターンなのでした。

DSC_4541.jpg

DSC_4542.jpg

DSC_4546.jpg
どうみても淡色車でこんなに傷(ペーパー傷)が見えるのは返品もの。
恐ろしい仕上がり感当社受付で2014年2月まで受け付けた中ではまずナンバーワンの脅威の仕上がり(苦笑)
DSC_4550.jpg

びびりながら仕上げてコーティング(採算は時間的には合わず)もちろんgloss Booster使用です。

と言うことで、明日は我が身、身を引き締めて今後も作業をさせていただきます。
自己研鑽の日々でございます。

どんどん進化していきますのでお楽しみにされてくださいませ。

Home

最近の記事

カテゴリー

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

プロフィール

polishfactory

Author:polishfactory
ポリッシュファクトリー及川です、よろしくどうぞ。

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。